慶誠高等学校

夢につながっている

学校長挨拶

慶誠高等学校 学校長 関戸 一義

平成9年4月、慶誠高等学校として、
「至誠・英知・和敬」という3つの綱領の帆をあげ、

(1)国家・郷土・人を愛し、社会に役立つ誠実な人
(2)知・徳・体の調和のとれた杜会性豊かな人物
(3)個性・能力を尊重し、自主・創造の高い理念を持ち、
   真摯に自己を拓く人物

を目指して新たに出帆しました。
私たちは、私たちの長い人生の平穏な航海を祈りたいところですが、 順風満帆ばかりでなく、時には疾風怒濤・迅雷に出逢うこともあります。荒波を乗り越え豊かな人生を送るためには、それを乗り越える知恵・体力・協調の心を養い、併せて航海のルールを守るという事が必要なのではないでしょうか。
創立以来85年もの間、女子高として歩んできましたが「男女共に広く社会で活躍することのできる人材を育成して行きたい」との思いから、2009年度より男女共学化をスタート致しました。
本校で一日一日を大事にすることによって、いかなる荒波にも耐えることができ、21世紀を担っていく人になってください。

 

学校長  関戸 一義

このページのトップへ