新着情報

4年ぶりの体育館での全校集会!

2024年2月10日 歳時記

 1時間目に「留学経験者に学ぶ会」が行われた2月9日()の各学級での終礼を前に、体育館で4年ぶりに全校集会(1・2年生)が開催されました!
 その全校集会で生徒部長の古木先生から語られたことは・・・?!

一点集中!」・・・向かって右側が2年生、左側が1年生です。3年生の姿はありませんが、こういう形で集ったのは4年ぶりです。この3年間、こういった集会に変わるものが「放送」でした。相手に気持ちを伝える時やっぱり互いの顔が直接に見える形が一番です。これだけの人数がしっかりと「聴く姿勢」で「一点集中」、その「一点」にいた生徒部長の古木先生が語ったことは・・・
三綱領の意味を知っていますか?理解していますか?」・・・「至誠(しせい)」は「誠実に生きること」、「英知(えいち)」は「学ぶこと」、「和敬(わけい)」は「人を敬うこと」です。この三綱領が慶誠高で学ぶ生徒たちの柱であり、目指す人間(将来社会に貢献できる人間)像です。
 3年生がいない「いま」だからこそ考えて下さい。2ヶ月後には新入生がやってきます。最上級生となる2年生中堅の学年となる1年生しっかりと目標をもってください。夢中になるものを見つけてください。みんなで3年間でそれらがもてる「空気感」が出せるよう「いましなければならないことに夢中になってください!等、あったかく古木先生の言葉で語られました。
もっと勉強がしたいもっとスポーツがしたい」・・・と思っている生徒を互いが応援できる空気感を今以上に醸し出していくために必要なことを考えてください。慶誠高校を受験する生徒も増えています。それは、ここに集っているみんなが外に向かって発信しているからこそです。
 だから、「いま大切なことは何かを考えてください。とのメッセージに最上級生となる2年生の表情は真剣そのものです。
忍者?別人28号?!」・・・とは、この集会で古木先生が最初に口にした謎のキーワードです。ここに集った慶誠っ子一人一人がその意味を考えたことと思います。3月末までの2か月が勝負です。目指すは「至誠英知和敬」の三綱領をまとった慶誠っ子です。
 3連休明けも、慶誠っ子たちの更なる魅力・素敵を発信していきます!

-->